Products

汎用遠隔操縦装置

サロゲート

 

低コスト、高い汎用性で無人化施工を実現

自然災害の多発化・甚大化に加え、建設機械の技能者不足を背景に、無人化施工のニーズが急速に高まっています。一方、無人化専用重機は高価で台数に限りがあるため、有事の際の迅速な対応に課題があります。そこで、汎用建機に着脱できる簡易な遠隔操縦装置を開発しました。これにより無人化施工システムの低コスト化を実現します。

●建設機械を改造することなく、操作レバーなどに「後付け」で装着
●装置を装着したままで、オペレーターが搭乗し直接操作可能

※本技術は(株)大林組との共同開発品です

 バックホウなどの建設機械を
 無人で運転する汎用遠隔操縦装置


技術概要

迅速な対応が求められる災害復旧の初動段階においては、二次災害の発生リスクが高いため、建機の遠隔操縦による「無人化施工」が有効な手段となります。

しかし、遠隔操縦方式の建設機械は流通量が少なく、コスト面からその調達が課題となっていました。

「サロゲート」は、各種建機に現場で容易に着脱できる汎用遠隔操縦装置です。

建機本体に後付け装着できるため、コストも抑えられます。

災害復旧工事に加え、有人では比較的危険を伴う一般工事にも適用できます。

 

1.建機を改造することなく着脱が可能
●建機本体を改造する必要はありません。
●建機運転席の操作レバー等へ「後付け」で装着することで、
遠隔操縦を可能にします。
●運転席シート部に固定金具を用いて装置を取付けるため、
金具を変更することで、機種の汎用性が広がります。


2.短時間で着脱が可能

●電気モーターと電動シリンダを使用した軽量かつシンプルな
構造です。
●持ち運びや取付が容易なサイズにユニット分割されています。
●取付には、特殊な工具や技能は不要で、短時間で着脱できます。
 

3.遠隔操作と有人操作の切替えが容易
● 装置を装着したままオペレーターが乗り込んで、直接操作(有人操作)が可能です。
●遠隔操作と有人操作の切替は、装置内のピンの着脱のみで、3分程度で完了します。
●あらかじめ装置を装着した状態で現場へ搬送できるため、素早く工事を開始できます。

 

施工実績

熊本城復旧工事

グラップル装着バックホウへの搭載
両機遠隔操作での 文化財復旧工事
搭載機 ZAXIS135US ASG130R

久斗トンネル工事

ハイブリッドバックホウへの搭載
遠隔操作での 急斜面ズリ出し工事
搭載機 HB205/PC200

第二阪和国道工事

MCバックホウへの搭載
遠隔MC操作での のり面整形工事
搭載機 ZAXIS200

その他

=受賞歴=
日本建設機械施工大賞 選考委員会賞
 
=ニュースリリース=
2016/10/05 バックホウなどの建設機械を無人で運転する汎用遠隔操縦装置「サロゲート」の開発を情報公開
2017/03/15 MCバックホウに遠隔操縦装置搭載/簡単に有人・無人操作切り替え (日刊建設工業新聞)
2017/05/29 熊本城 飯田丸五階櫓 崩落石垣撤去 無人化施工工事 を報道公開
2017/07/26 NHK 探検バクモン [熊本城 第2弾] 放送

=技術紹介論文=
日経コンストラクション 2017年7月24日号
ズームアップ:石垣撤去に文化財初の無人化施工

建設機械施工 Vol.68 No.11 November 2016 土工 特集
土工用建設ロボットの開発における新たな挑戦 -無人化施工機械から地盤探査ロボット開発の概要紹介-
古屋 弘・森 直樹・小林和彦
 
建設機械施工 Vol.70 No.1 Janyuary 2017 建設機械
新工法紹介 汎用遠隔操縦装置 サロゲート
 
建設機械施工 Vol.69 No.12 December 2017 先進建設技術
建設機械の改造が不要で着脱可能な装置による無人化施工技術の開発
熊本城崩落石撤去へ汎用遠隔操縦装置「サロゲート」の適用事例
森 直樹・古屋 弘・宮内賢治
 
月刊 建設機械 2018年4月号
建設機械の改造が不要で着脱可能な装置による無人化施工技術
=熊本城崩落石撤去へ汎用遠隔操縦装置「サロゲート」の適用事例=
森 直樹・古屋 弘
 
=講演=
2017年12月10日 大阪歴史博物館
FCCフォーラム あしたの城 ~城・石垣をつくる人・守る技術/大阪城・熊本城~
「熊本城石垣復旧を支える最新建設技術」
森 直樹
 
=その他=
2018年2月
5Gを活用したリアルタイム遠隔施工建機実験に採用(総務省5G実証実験事務)