Art

TAIYUでは、科学技術にもとづく合理的 ”ものづくり”(テクノロジー)とは別に、 感性 や 情緒 に基づく心豊かな創造的 ”ものづくり”(アート) にも 取り組んでおります。ここではその一環として、陶芸・金属工芸分野での ”ものづくり” 創造的文化事業のご紹介をいたします。

創造の原点

『創造的な仕事をする人に求められる資質とは?
それは「芸術を理解する心」であると私は思います。
美しいものにふれた時の感受性と好奇心、これこそが創造であり、
また柔軟な思考の原点であると考えます。』
大裕は、これからもお客様に対し、より創造的な企業であることを目指します。
今後とも、皆様のご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

昭和三十七年弊社設立以来、代表取締役として黎明期の経営、事業基 盤の構築を担う。平成二十四年度 設立五十周年を迎え、代表取締役を辞任し、会長の職に就任。
現在は大裕窯を主宰し、工芸分野の “ものづくり” 創作活動に従事する。

陶歴 大裕窯主宰

  • 日展会友
  • 日本現代工芸美術家協会本会員
  • 日本現代工芸美術展 審査員
  • 大塩正義氏に師事
第16回市展「なら」 市展賞 受賞
第17回市展「なら」 市展賞 受賞
以後 招待出品  
第49回奈良県美術展覧会
県展賞 受賞
第50回奈良県美術展覧会無監査出品 知事賞 受賞
第51回奈良県美術展覧会 県展賞 受賞
以後 招待出品  
’98淡交ビエンナーレ 茶道美術公募展
入選
第37回日本現代工芸美術展
初入選
以後連続入選  
第31.32.33.34.35.36.37.38.39.40.41.42回 日展
入選
’01.’02.’03. 京展
入選
’02セラミックアートFuji国際ビエンナーレ 入選
’04セラミックアートFuji国際ビエンナーレ 大賞 受賞
第42回日本現代工芸美術展
現代工芸賞 受賞
第45回日本現代工芸美術展 本会員記念賞
第49回日本現代工芸美術近畿展 京都府知事賞

日本現代工芸美術展

  • 第42回 彩雲(現代工芸賞)
  • 第41回 花容 ‘02-1
  • 第40回記念 生命 human life
  • 第38回

日展

  • 第39回(2007) 慈愛
  • 第38回(2006) 萌しシリーズ
  • 第37回(2005) 舞う
  • 第36回(2004) 彩雲
  • 第35回(2003) 彩雲 ‘03-2
  • 第34回(2002) 抱持
  • 第33回(2001) 花容
  • 第32回(2000) 羞じらい
  • 第31回(1999) 萌芽

寝屋川市にモニュメントを贈呈

天空に向かう希望のシンボルが、寝屋川市駅前にお披露目されました。
それは、古樹より若葉が萌えいずる様を、ステンレス素材により心象表現したもので、寝屋川ライオンズクラブが結成50周年記念事業の一環として、市に寄贈したものであります。
その除幕式が2014年1月24日、市長はじめ多くの関係者出席の下、盛大に挙行されました。

命名は一般公募より選ばれた「黎明」(れいめい)に決定しました。奉仕活動を行うクラブ会員の地域への思いが込められた、この「黎明」が、26 万都市の玄関口で燦然と輝き、人々に明日への希望を与えることは、ライオンズクラブが行う事業として、誠に意義深いことであります。

また、作者にとっても、この上ない喜びと感じています。
本モニュメントは、2013 年日展作品「Beginning」の拡大版(2 倍スケール・8 倍ボリューム・重量 240kg)。
高さは基台含め 3.5mで制作いたしました。